脆弱な引鉄 Vulnerable Trigger

Official Selection at Indie Fest USA 2012

IMDB

脆弱な引鉄 Vulnerable Trigger

それはある日起きた殺人。1年前、痴情のもつれから稀崎雄二(きざきゆうじ)は恋人の曽根崎啓子(そねざきけいこ)を絞め殺した。タブロイド誌の記者である高槻(たかつき)と後輩の清瀬(きよせ)は雄二の元恋人である帆村真理子(ほむらまりこ)のアパートに向かっていた。強引に部屋に上がり込み、挑発するように取材を開始する高槻だが、意外にも真理子は雄弁と当時の出来事を語りだす。曽根崎啓子には哲也という恋人がいたこと、その哲也の死の原因と因果関係まで、あたかも全てを知っているかのように・・・。そしてその因果は高槻のかつて書いたゴシップ記事にまでおよぶが....。その2日後、高槻の前に清瀬(きよせ)が神妙な面持ちでやって来る。“帆村真理子(ほむらまりこ)が死体で見つかった...。” 脆弱な者達が織りなす事件は連鎖し、それは生と死のバランスさえ左右する、“触れれば一瞬で弾ける脆弱な引鉄”となる・・・。

In a crime of passion, Yuji Kizaki chokes his girlfriend to death. Following this incident, Kiyose, a writer for a gossip magazine, and his boss, Takatsuki, decide to interview Yuji’s ex-girlfriend. During the interview, Mariko starts discussing the events of the murder, events only the killer could know, which unsettles the reporters. Two days later, Kiyose is informed of Mariko’s death. Sometimes an incident experienced by those who are vulnerable and appear innocent, creates a butterfly effect that triggers that can tip the balance between life and death!

Facebook
Twitter
YouTube